スポンサードリンク


防音リフォーム工事費について


完璧な防音リフォーム工事とは、 床、壁、天井、窓をすべて防音を考えた設計、材料などを使います。

リフォーム工事をする規模、どこまで音が遮断できるかで大きく工事費用が異なります。また、マンションのように、下の住人に足音がしないように、 防音フローリングに指定しているマンションもあり、その工事も防音リフォームと言えるでしょう!防音フローリングについては床のリフォームについて(フローリング、タイル、カーペット…) でも少し紹介しています。

防音リフォーム工事は特殊な材料を使いますので、防音リフォーム工事専門で行っているところがあります。大規模な工事になりますが、しっかりした防音リフォーム工事をご希望の方は、 防音リフォーム工事専門の業者に依頼する事をお勧めします。工事費用も各会社、工事費用の表など乗せているホームページがありますので是非参考にして下さい。

リフォーム情報.com調べの工事費用は6畳あたり 約150万〜250万です。
費用の大きな差は遮音性能で大きく費用が異なります。

防音壁工事


音は振動によって、耳に届きます。大きな音のライブ会場や太鼓の音を聞いた時、体全体にズンズンと響くような経験したことありませんか?
その振動をいかに吸収できるかが、防音工事には大事な事になります。

逆にホールや映画館等では、音の振動が奥の席まで届くような作りになっていますが、ホールの外には音が漏れにくくなっています。
ホールや映画館では、出入り口の扉に行くまで、または扉のから通路を通らなければいけません。そして、その扉こそ、部音効果のある、しっかりした扉で、固い材質ではなく、ほとんどの扉が、 分厚い皮や布のソファーの様な扉になっています。

防音壁工事では、どの程度までの防音効果によって、音の振動を吸収する素材を使います。

近年一般住宅でも、気密性、防音効果のある断熱材等が出いますが、それは日常生活の音を吸収する位しかできません。

本格的な防音でなくても、 子供の習い事関係で防音リフォームをご希望される方が増えてきました。大音量ではないが、 一般生活の音よりは大きな音が出てしまう。そんな時は、大掛かりな工事までは出来ない場合など、 パネルタイプの防音壁も販売されております。

リフォーム工事事例


(20代女性)
幼稚園の保育士なので、ピアノを練習するのは夜になってしまいます。近所が気になり、防音のリフォーム工事をお願いしましたが、予算があまりなかったので、 パネルタイプの防音壁と防音フローリングでお願いしました。

工事終了後、近所に挨拶に行き「うるさい様なら教えてください」とお願いしたところ、マンションなのですが両隣の方は「気にならない」と言っていただけたのですが、 上の方は「あまり夜遅くなければ…」とよくわからない回答だったので、やっぱり音がもれるのかな?と思います。
工事費用は全部で約40万でした。

(30代男性)
マンションの床リフォームの際、管理会社から「防音フローリングで」と言われ防音フローリングのリフォームしました。リフォーム工事中フローリングを見せてもらうと、 フローリング材の下の部分がクッションになってました。通常のフローリングより割高でした。工事費用は約30万でした。

(50代男性)
バイクが好きなので、よくバイクもいじります。会社から帰ってからいじりたいと思い、ガレージを防音にしました。車は入れる事がないので、BOXタイプの部屋の様な作りで、 音は遮断されましたが、夏場暑くクーラーが必要になるかもしれません。工事費用は全部で約100万位です。



音の感じ方はそれぞれ違います。そういったところからもわかるように、防音リフォームはとても難しいリフォーム工事と言えるでしょう!

スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample