スポンサードリンク


一戸建てのリフォーム費用について


リフォーム工事には、たくさんの人がかかわって初めて工事をスタートすることができます。まず初めに見積もりです!!

これはほとんどの業者は無料で行っています。契約から工事終了まで、リフォーム会社、職人、材料費と様々な費用がかかります。

安心してリフォーム工事が行える様に、基本的に、打ち合わせの段階で、お住まいの不備や欠陥を徹底調査。新築そっくりにリフォーム工事を行います。

その際、調査結果で、家の柱(骨組み)の ダメージが大きいときは、予想以上の費用がかかる場合もあります。しっかり調査をしてもらう事をお勧めします。 

家のリフォーム費用の平均はいくら?




小さい工事は数万円からできますが、大掛かりな工事の場合は一千万以上の費用がかかります。

一般住宅やマンションを例にすると、50万〜100万位の工事が多く、 20坪以下の店舗の場合は100万〜200万位の工事が多く行われています。新規店舗の場合は500万〜700万位です。

家のリフォーム費用平均…約50万〜100万

一番人気が、水回りのリフォームです。
家のダメージを受けやすいところなので、やりたくてやる方よりも
リフォームをやらざるおえない方が多いようです。

床暖房のリフォーム費用について


最近ではリフォームでも手軽に床暖房が設置できるようになりました。元の床の上に直接貼れる床暖房が用意されています。

床を解体したり、直したりする必要がないので、設置コストも大幅に節約できます。

ただし直貼りタイプは、元の床の高さよりも床が12〜18mm程度高くなり、部分的に床暖房を設置した場合では見切り材を使い、段差をなだらかにし、きれいに仕上げます。

段差を作りたくない場合等は、やはり床を剥がして、下地から工事をした方がきれいに仕上がり、バリアフリーになります。

床暖房に入れ替える場合、床暖房の設置費用とは別に10万〜15万円くらいの床解体・補修工事費用がかかります。もし床に断熱材が入っていない場合は、床暖房の効率が著しく落ちてしまいますので、 この機会に断熱材を入れてもらうようにしましょう。

解体での工事の場合部屋のリフォーム、浴室リフォームと、一緒に行う方が多くいます。
特に浴室床暖房はヒートショックを防ぐだけではなく、床暖房の熱の余韻で、カビも防ぐ事が出来ます。
                              

床暖房設置費用平均…約30万〜50万
床暖房は大きく2種類に分類され、電気式と温水式があり、電気式床暖房は設置時の工事費用は割安となりますが、温水式に比べて電気代が高くなるのが一般的です。

逆に、温水式では光熱費が安くなる一方、設置時に熱源機と呼ばれる温水を作り出す機器本体と、熱源機と床材を接続する配管工事が必要になるため、設置費用が割高になります。

水回りのリフォーム費用


水回り部分を交換するだけではなく、その部屋自体リフォームが必要となります。築年数、選ぶ材料によってこちらもかなり開きがあります。

詳しい内容は、浴室リフォーム、トイレのリフォーム、 キッチンのリフォームで紹介しています。

浴室交換費用平均…約50万〜100万

 現在主流はユニットバスになります。ユニットバスからユニットバスへの交換は、同じサイズで合わせて、設置するので基本的には余計な費用がかかりません。
しかし、元の浴室がタイル張りの場合水漏れによる 基礎補修や、タイルはがし等あり、浴室以外の費用もかかります。元の浴室がタイルがタイル張りの方は浴室費用+20万位の費用がかかると思っていた方がいいでしょう!


トイレ交換費用平均 …約15万〜25万

最近密かに人気を集めている、タンクレスのアラウーノ!設置費用込で20万位かかりますが、汚れが付きにくい、中性洗剤で流すたびにトイレ掃除できる。
見た目がいい!!人に見せたくない場所から、 見せたい場所へかわりはじめてきました。


キッチン交換費用平均…約80万〜100万

最近のシステムキッチンは見た目だけではなく、機能性に優れ、「あれも付けたい」「これも付けたい」と見積もりみて驚くほど予算オーバーになるケースがあります。
費用を気にしすぎて、 予算内でおさえた方の多くは「やっぱりあれを付ければよかった」と後悔する方が多く、少し無理しても納得したキッチンを選んだ方は「やっぱり無理しても付けてよかった」と多く聞くことがあります。
あとから付けられるものは、費用から削っても、設置の時じゃないと付けられない物は、費用が割高になっても付けた方がいいのかもしれませんね。

駐車場のリフォームにかかる費用


一戸建ての場合、敷地内なら自由に駐車場をつくることができると思いがちですが、そうではありません。屋根がある場合は建築物扱いとなるため、建築確認申請が必要で、建ぺい率や容積率に余裕がないと、 つくることができないのです。お住まいの役所で聞くことができますので、お問い合わせ下さい。

駐車場リフォーム費用平均…約70万〜100万

上記の平均費用は一戸建ての場合です。整地(コンクリート)カーポート等を設置した場合の平均です。所有の空き地100坪を貸駐車場(コンクリート)にする費用平均…約200万です。

和室から洋室へのリフォームにかかる費用は?


和室を洋風にするか、本格的に洋室にするかで、リフォーム費用の差が大きく違います。6畳あたりの平均費用についてご紹介します。

洋風にする場合のリフォーム費用平均…約40万

天井、壁、床、収納扉をリフォームした場合。間口や建具はそのままなので一見洋室に見えるが、よく見ると和室のなごりが残ってしまう。
介護を必要になってしまったご家庭などでベットを置いたり、 車いす移動をしやすいように、といった要望に合った部屋になります。 床だけリフォーム費用平均…約20万。しかし、床だけでは、見た目的には、和室のままです。


本格的に和室から洋室へ費用平均…約100万

部屋全体解体工事をし、和室にあったすべての物を洋室用の材料で施工します。案外見落としがちな、障子の枠もはずし、洋室用の枠へ交換。押し入れも、クローゼットへかわります。 もともと和室だと思わないような作りになります。

まるごとリフォーム”の費用とは?


家一軒まるごとリフォームでは、見た目がすべて、新築の様な仕上がりになる事をいいますが、実際どこまで替えるかで、費用が大きくかわります。

例えば、骨組み(家の基礎+柱)、配管はそのままで、 あとすべて替えてしまう場合と外壁もそのまま使い、見える部分だけ変えるとなると、全体のかかる費用が大きく違います。

しかし、柱等がダメージを受けていて、外回りだけきれいになっていても、 安全な家ではありません。安心して快適に暮らせるように、しっかり調査をしてもらい、家に合ったまるごとリフォームをお勧めします。

一般木造住宅(一軒家4DK)の場合

まるごとリフォーム費用平均…約800万

こちらの工事は、壁をそのまま使う事が多いのです。最近ではハウスメーカーのCM等で、このぐらいの金額で立て替えられるイメージですが、新しい土地に1から家を建てるのと、既存の家を使って、 または、解体して新築ににするのは、施工方法、解体費用が違う為、まるごとリフォーム費用平均金額では立て替えるのは難しいでしょう。

ちなみに、骨組みを残し、 耐震強化+外構でどこから見ても新築に見えるような、 まるごとリフォーム工事費用平均…約1200万です。

まるごとリフォームは既存の家の耐久年数で税金が決まりますので、固定資産税は今までと変わりませんが、屋根を大きくしたり、屋根付きガレージ等建物とみなされる物については、税金がかかります。

耐震リフォームの費用


お住まいの築年数、規模、補修内容などによって大きく金額の差があります。特に耐震補強は基礎部分に行いますので、家の徹底調査の上契約を行って下さい。
調査なしでの工事契約や、 契約を急ぐ業者はお勧めできません。

耐震リフォーム費用平均…約150万

建て替えの際、耐震補強する方が多く、実際耐震診断を受け、耐震だけのリフォームをする方は、あまり居ないようですが、東日本大震災後も「耐震のみのリフォーム工事が増えた」と聞く事はありません。

特に耐震基準改正以前(昭和56年)の建物は倒壊の危険性が高く、早くに耐震リフォームをお勧めしますが、業者を選ぶ時、工事を始める前の打ち合わせは慎重に決めましょう!

リフォーム費用の減価償却について


一般的に、減価償却は自身で経営している会社での会計計算方法の1つです。

分かりやすく言うと、その年の経費でいっぺんに落とせるか、資産として計上し、 数年にわたって少しずつ落としていくかの違いがあります。

たとえ修復工事だとしても、金額によって資産とみなされる事が多くあります。

基本的には、10万以下は経費で落とせ、10万以上は減価償却になりますが、場合によっては20万の修復工事で経費に落とせる時もあるそうなので、 10万以上の場合は、税理士や税務署などに問い合わせし、確認をとって下さい。
その際、言った言わないにならないように、担当者の名前をひかえる事をお忘れなく。


例1) 会社の壁紙がはがれたから、部分的に直してもらい、
    その費用が7万かかった場合    
    勘定科目修繕費でその年の経費に全額落とせます。
例2) 会社の壁紙がはがれたから、全面キレーにした。
    その費用が20万かかった場合 
    その場合基本的には減価償却です。
    税理士がついている会社では税理士に相談。
    付いていない場合は、税務署に問い合わせして下さい。


スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample