スポンサードリンク


自分らしい家づくり




一軒家のリフォームは特に、住人の希望がかないやすい間取りを選ぶことが出来ます。キッチンや浴室などの水回りはある程度決められた位置の方が費用が抑えられますが、 費用に関係ない場合は水回りも動かすことが出来ます。

自分らしい家づくりとは、その家に住む住人の生活体制やリズムを考慮した設計です。

一日のうち、長い時間家にいる方順に、希望のリフォームを聞くのも、自分らしい家づくりのポイントの1つです。


リフォームでの建設基準について


建設基準とは住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が定める工事基準です。住宅金融支援機構はリフォーム工事の際に借入する事ができませんが、 耐震改修工事、バリヤフリー工事では、借入する事が出来る場合があります。

しかし、すべての耐震改修工事、バリヤフリー工事に適用するわけではなく、申込みの際には申請をし、審査をうけなければいけません。
詳しくは住宅金融支援機構にお問い合わせください。

古い家だからこそのあじわい


近年古い長屋や、古民家の様な家が人気を集めています。古き良き時代とも言われる建物には、何かを物語るような雰囲気があるのかもしれません。しかし、あじわいのある家のほとんどが、 築年数4.50年以上する建物ばかりで、実際住むとなると、様々な問題が出てきます。

古い家の雰囲気をそのままに、安全で快適な空間へ
表面上は古い作りを再現し、見えない部分は新しいもので補修すると、古い家の雰囲気はそのままに安全で快適な空間を手に入れられます。
特に4.50年前の家では断熱、耐震の規制がなく、全く断熱材が入っていない家もあります。しっかりとした耐震・断熱工事を行い古い家ならではのあじわいを残しつつ、 安全で快適な空間を手に入れる事が出来ます。

リフォーム費用について


一軒家のリフォーム工事ではリフォームをしたい方、せざるおえない方、そして、部分的に工事を行う場合、家一軒まるごとリフォームを行う場合と、状況・環境などさまざなな理由で工事を行います。

工事費用もないようによって大きく異なります。具体的にリフォーム費用についてはリフォームの費用のページで紹介しております。是非参考にしてみて下さい。

相場価格を知る


リフォーム工事の費用は、工事の内容にもよりますが、使う材料、施工費等、各会社様々です。特に、どこの業者に頼んでいいかわからない場合などは、最低でも5社に見積もりを出してもらいましょう!!

相場価格がわかるとともに、施工業者との相性もわかります。
工事が大きければ大きいほど、たくさんの業者に見積もりを出すと、安心感も出ます。施工業者を決めるまで、時間がかかりますが、大きな費用が伴いますので、 めんどくさがらずにしっかり調べることをお勧めします。

リフォーム相場価格についてはリフォームの費用のページで
リフォーム業者についてはリフォーム業者の選び方のページでご紹介しています。

diyでリフォームに挑戦!!


さまざまな、diyリフォームがインターネットや雑誌、テレビなどで紹介されています。また郊外には大型ホームセンターもでき、diyが手軽にできる時代になりました。

初めから、大掛かりな工事は難しく、リフォーム業者に頼むより、何倍も時間がかかります。まずは、diyリフォーム初心者の方は、簡単なテーブルやいす等を挑戦し、まずは工具に慣れてみましょう!!

焦らず、少しずつdiy技術を磨き、規模を大きくしています。いずれ家を建てられる位までに成長するかもしれません。

100平米以下の家ならサラリーマンの方でも家を建てられますので、自分で作った家に住むのも夢ではありません。

スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample