スポンサードリンク
            

太陽光発電の仕組みについて


                

太陽のエネルギーを電気に変える方法は、太陽の光を電気に変える方法と、太陽の熱を電気に変える方法の2種類あります。

一昔前に「朝日ソーラーじゃけん!」のCMで注目を集めた仕組みは、太陽の熱を利用した太陽熱温水器でした。最近では太陽熱の利用より光の利用が注目されております。

【太陽光発電の流れ】
太陽光発電パネルは、太陽の光を電気に変える役割をしますが、発電される電気は直流です。家庭で使われている電気は交流なので、直流を交流に変換する必要があります。

@太陽光パネル(屋根に設置してあるパネル)
またの名は「太陽電池」です。このパネルで光を電気にします。(直流)
A接続箱(直流)
Bパワーコンディショナー(直流〜交流)
直流を交流に変換します。
C分電盤(直流)
各部屋へ電気を送れるようにします。
D太陽光のエネルギーで電気が使えます。
E太陽光発電で電気が余る時は売電。足りないようなら、買電します。

※太陽光発電の仕組みについて、メーカーによりシステムが異なる場合があります

オール電化 太陽光発電のメリット


 電気を電力会社に売電できる

昼間に発電していた使っていない余った電気を電力会社に売る事が出来ます


 CO2削減

平均的な一世帯の家庭から排出される温室効果ガスの約30%が削減できることになります。オール電化と太陽光発電を組み合わせると、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減ができます。 詳しくはオール電化エコキュートのページでご紹介しています。


 国の補助金対象になる

一定基準、を満たしていれば補助金対象になります。

オール電化 太陽光発電のデメリット


 建物への負担

屋根にパネルを設置しますので、その重みが家への負担となります。設置できる建物か判断するには、建物の診断をしっかりして下さい。


 天候に左右されます

梅雨時期など天候が悪い日が続くような月では、電力を売電するよりも買電する事の方が大きく、期待するほどの節電にならない場合があります。


 寿命

システムとしてどのくらいが寿命なのかは、太陽光発電が市販されてからあまり年数がたっていないので、寿命については不明です。
しかし、ほとんどのメーカーが10年保証とありますので、その10年の間に設置費を入れた金額込でトータル的な金額で検討される事お勧めします。

太陽光発電の大手メーカー価格について


各メーカー太陽光発電に力を入れている会社が多くあります。
その価格設定も、発電量に様々ですが、各会社似たり寄ったりの価格設定です。リフォームで設置する場合も新築で設置する場合も同じことが言えると思いますが、施工する会社によって、 その施工費が何十万単位で金額設定がさまざまあります。

同じ太陽光発電を設置しても、施工する会社によって大きく価格がことなり、また高価なシステムですので特にリフォーム会社での設置では、何社かに見積もりをして下さい。

近年太陽光発電の訪問営業でのトラブルが多く、訪問営業での設置を検討しても、すぐに契約はせずに、何社か見積もりや、家の耐久性等も調べてから検討して下さい。

スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample