スポンサードリンク


店舗リフォームについて


こちらのページでご紹介する店舗リフォームは、大型店舗ではなく、個人経営の飲食店やオフィスの改修、改装、新規での施工や費用について解説しております。
                                      

店舗リフォームと言っても様々な店舗があり、その業種によっても、内装も外装も全く違い、デザインも費用も大きく異なります。
また、店舗によっては、設計の段階から業者に依頼するところもあれば、デザインはイメージで施工会社に依頼する場合もあります。

また、最近では、住宅兼店舗、オフィスとして改装するケースで、マンションの一室を店舗にするといった施工も増えております。
その一つ一つがオーナー様、会社経営者様の看板となります。

店舗リフォームは大規模な工事が多く、一般の住宅と異なる工事内容がことなりますので、経営者様自身も施工内容について少し勉強すると、売上UPする店舗や、作業効率の上がる動線等も見えてくると思います。

店舗、オフィスデザインについて


店舗デザインについて

 飲食店の例

飲食店で一番重要な場所は厨房等の水回りです。
小規模な店舗ではほとんどが厨房近くにトイレがあります。
設備が近い位置にある事によって、客席に開放的な空間を提供しています。ラーメン店がいい例でしょう!店内の大部分を占めている厨房設備にそれを囲うようなカウンターの客席。開放的な空間の代表ともいえます。

しかし、喫茶店や居酒屋などでは、お客様は【くつろぎの空間】を求めている方が多くいらっしゃいます。広い店舗では、間仕切り等で個室を演出している店舗が多いですが、狭い店舗では、個室を作ってしまうと客席が思うように作れません。そこで最近では、背面が高い椅子をおいたり、すだれや、布等で天井からつるして個室演出している店舗も多くなりました。

お客様の回転率を上げたい店舗(ラーメン店、定食屋)などでは、開放的な店舗。

くつろぎを提供したい店舗の場合(居酒屋、喫茶店)などでは、個室感覚を演出すると売上UPの1つになります。

《ちょこっと知恵袋》
一般的に飲食する時は、座って食べます。特に日本人は角の席が好きです。電車の座席でもいえる事ですが、空いている電車でまず席が埋まるのは、端の席です。家族友人といても端の席、角の席が落ち着くと感じることはありませんか?角や、端の席を演出を実践している飲食店は売り上げUPにつながっています。
スナックでは、店全体が、個室という空間に近い店舗が多くあります
、そういった店舗では一概に端がいい、角がいいとはいえません。

 販売店の例

販売店のほとんどが、いつでも店内を変えられるように、基本的には店内中央には、すぐに動かせる台などにし、壁や天井外壁等にこだわる方が多くいますが、最近ではむき出しの天井や壁にペイントなどで、コストをかけずにおしゃれにしている店舗もあります。

また、置く品物によっては、広い空間を見せる洋服屋さん、何があるかわくわくするような、物をたくさん置いてある雑貨屋さん、壁一面に整理整頓された化粧品屋さん。販売する品物によって、見た感じは異なりますが、店舗中央には特に仕切りなどは不要かと思います。


 美容関係(美容室、エステ、ネイルサロン等)の例

美容関係はオープンな店内に見えて施術は個室を希望する方が多くいらっしゃると思います。美容室では、個室というのは難しいのですが、各店舗、お客様同士が、顔を合わせる事が極力少なくなるように設計している店舗が多く感じられます。

エステに至っては、施術の内容にもよりますが、たいてい個室に通されます。美容関係はフロントが必ずあり、そのフロントのイメージで店のイメージととらえる事が多く、いくら個室が凝っていても、フロントがシンプルだとその店はシンプルなイメージしかありません。

美容関係では施術中、目をつぶっているか、雑誌など読んでいる方が多く、コストをおさえたい場合、フロントをこだわって、個室等はシンプルでも、おしゃれな店と感じてくれます。

飲食店、販売店、美容関係を例にしましたが、店舗デザインで共通にいえることは、そのお店に来ていただいたお客様がどのように感じてもらいたいかが重要です。


  オフィスデザインについて

オフィスでは、働いている方の動線がとても重要です。
働いている方の動線をしっかり把握すると、作業効率も上がります。一般的にオフィスではシンプルで飽きのこないデザインが多く見受けられます。

発想を求める会社では、近年、社員自身が自慢できるくらいの凝ったオフィスにしているところもあります。長い時間いるオフィスです。

従来のシンプルで雑然としたオフィスで作業しているよりも、おしゃれなオフィスで仕事しているほうが、気合が入り、さらに作業効率も上がるのかもしれませんね。

店舗リフォーム費用概要


店舗リフォームでは、大規模な工事が多く、実際見積もりにきても、何に何がかかっているか、オーナーさんが理解するのは難しく、さらに賃貸の場合、工事期間中も家賃が発生し、さらに急いだ工事をしてもらいたいという気持ちになります。

しかし、ここが最大の落とし穴でもあり、時間をあまりかけないで店舗リフォームをしてしまうと、リフォーム業者との打ち合わせ、新規開店の場合は求人等も出しているので、オーナーさんは忙しくなります。

店舗を開店する時には、大体の開店資金、大体のデザインで行わず、見積もり期間、考える期間、最終決定するまで時間をかけると、内容もわかり、余計な費用が抑えられることがありますので、これから店舗を開店する方、改装する方、業者にお願いする前に少し考える時間を作る事をお勧めします。

スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample