スポンサードリンク


トイレのリフォーム費用の相場について



トイレリフォームでは、和式から洋式に交換や、壁紙、床貼り換えをする方が多く、部分的には、ウォシュレットに交換する方が多くいらっしゃいます。

交換する材料、状況に大きく差がありますが、ごく一般的な材料での費用の相場になります。


 トイレ全体リフォーム費用の相場…約50万

例)和式から洋式トイレへ交換、壁紙、床貼り替え、手洗い設置。
トイレ全体のリフォームは、空間は狭いのですが、工期は2~3日かかります。


 和式から洋式に、床貼り替え費用の相場…約40万

一戸建てに多く、行われているリフォーム工事です。和式から洋式に交換となると、トイレ本体に合わせた、床作りをします。その際、床の張り替えだけではなく、基礎となる部分も作ります。


和式トイレで多く見られる、タイル張りのトイレ。
昔は、トイレやお風呂場などは、タイル張りが多く見られました。

当時は掃除しやすく、防水効果が高いので、水周りでは、タイルが多く使用されていました。現在では、放水、はっ水、汚れが付きにくい材料が多くあり、 浴室では、ユニットバス。トイレは昔と違い一つの部屋の様な感覚になりました。

機能性、デザイン性に優れたトイレでは、昔のように、トイレ室内は防水の必要がなくなってきたのかもしれません。

激安diyでのリフォーム事例ベスト3


近年、大型ホームセンターやインタネットで、激安な建材を購入しやすくなり、diyリフォームする方が多くなってきました。
そこで、diyでのトイレリフォームベスト3を事例と共に紹介します。

  第1位  床の貼り替え

CF(クッションフロア)の取り換えが多く、長年の汚れや、浮いてきたCFの交換は、diy初心者でも手軽に手が出せる施工です。

・大型ホームセンターに行き、材料を購入。家に帰って早速CFを貼り換えることに。サイズを測ってみたものの、トイレ本体のくりぬく部分に、苦労しましたが、無事貼り替えられました。 
                          (40代男性) 

・トイレの床位ならと、ホームセンターでクッションフロアを大きめに購入。床をはがし、両面テープを床にはり、入口から徐々に貼りながら、切りながらやってみましたが、大きめに買ったクッションフロアで、 トイレ室内は、身動きとれず、カットしながらやってたので、曲がるしで、何とか貼りましたが、隙間もあり、浮いてるしで、近々また貼り換えないと…。サイズをしっかり測り、カットしてからじゃないといけませんね。 いい加減にやると余計な出費なだけになってしまいました…。
                           (40代女性)

  第2位  ウォシュレット交換&取り付け
工事と言うほど大げさなものではありませんが、水道、電気取り付けと、
不安がある作業ですが、ちょっとした作業でできてしまいます。
しかし、トイレの中にコンセントがない場合は工事をしなくてはなりません。

・インターネットで激安のウォシュレットを購入。以前付けた時は電気屋さんで購入したので、配達の時にあっという間に付けてもらいました。説明書を見て取り付けてみましたが、やはり素人なので、 あっというまではありませんが、何とか取り付けられました。
                           (30代主婦)

・ホームセンターで購入し、取り付けてみましたが、説明書もわかりづらく工具もちゃんとそろっていなかったので、またホームセンターへ行き、工具も購入しました。結局、取り付け方がわからないので、 メーカーに問い合わせ、やっと取り付けやれました。安いウォシュレットでしたが、工具も購入したので、あまり安くはないような気がしました。
                           (50代女性)


  第3位  トイレ本体交換

和式トイレから洋式への交換では、diyでの交換する方はなく、洋式から洋式へ交換する方が多いのですが、水漏れの危険性、説明書での解説では理解するのは、大変難しく、diyでのトイレ交換する方のほとんどの方は、 diy工事ベテランさんがおおく、工事に関する事をよく調べて、仕組みをよく知っている方が多くいらっしゃいます。

・自分で部屋をリフォームするのが好きで、よくdiyリフォームをしています。今回トイレ床と壁をかっこよくしたくなり、その際に、トイレ本体も替えたくなりました。インターネットで色々調べてみたら、 リフォーム用のトイレがありそのトイレの取り付け方法等もわかりやすくのっていたので、見よう見まねで、何とか取り付けました。水漏れも心配だったので、友人に水道屋がいたので、最終確認で見てもらいました。
                           (30代男性)



その他に、飾り棚を設置、壁紙貼り換え等、diyでのリフォームがありました。diyでのリフォームは、激安な材料が、購入できますが、工期は業者に頼むよりも、日にちがかかります。常に使うトイレですので、
diyでのトイレリフォームは計画的に行って下さい。

 

手洗い設置について


トイレでの手洗いは、通常洗面所で手洗いするか、場合によっては、タンクに流れ出る水で手洗いする場合があります。出来れば、トイレ室内に手洗いがあればと思う時ありませんか?

 手洗い設置に必要な広さ

近年、どのメーカーさんも、コンパクト、スリムな手洗い+収納設備セットでお勧めしていますが、最低限の広さがないと、いくらコンパクトな物でも、設置する事は出来ません。
また、給排水工事が必要になりますので、トイレに設置できるスペースがあっても、給排水工事ができない場合は、設置できません。

《通常洋式トイレの場合》
幅100㎝ 奥行150㎝
この位あれば、設置しても自然な感じですが、このサイズ以下になると
設置は出来ますが、かなり圧迫感があります。元々、手洗いがついてのリフォーム工事ならスムーズに行えますが、新規で手洗いを設置となると、壁の解体や配管工事等もあり、大掛かりな工事になります。

《タンクレストイレの場合》
タンクレストイレの場合、タンクの水で手洗いが出来ない為、タンクレス用の手洗いがどのメーカーさんからもたくさん出ています。
タンクレストイレ設置と一緒に工事であれば、スペース的にさほど気にするほどではありませんが、幅100㎝、奥行き150㎝位あった方が、たくさんの種類から選べます。給排水もタンクレストイレの給排管を使いますので、 スマートに収まります。


通常大規模な改築工事、または新築での設置例が多く、既存のトイレのままでの手洗い設置のみの工事はほとんど行われておりません。
また、手洗い設置のみの工事の場合給排水工事も行いますので、思った以上に金額が大きくなります。しかし、昔のトイレでは案外小さな手洗いがある事が多く、その場合は、案外スムーズに取り付け工事できます。

狭い空間にトイレと手洗いがあり、水回りという事で、見える範囲以外の工事費がかかります。タンクレストイレの設置の場合以外は、あまりお勧めできません。

本体価格について


トイレ本体価格はホームセンターやインタネット等で、激安価格で売っているもので3万位~。通常定価では10万位~出ています。
最近人気のタンクレストイレは通常12万位~あります。

TOTOお勧め商品「ネオレスト」価格¥235,200~タイプ別に価格が異なります。カラーバリエーションも豊富なTOTOタンクレストイレです。

INAXお勧め商品「サティス」¥200,000~タイプ別に価格が異なります。POPなカラーを楽しめるINAXタンクレストイレです。

Panasonicお勧め商品「アラウーノS」定価¥210.000~
勝手にお掃除してくれるトイレの先駆け。パナソニックタンクレストイレです。

こちらで紹介しているトイレはあくまでも定価の価格です。
格安で、インターネットやホームセンターなどでは、格安で提供している場合があります。また、工事費は別途となります。

格安でトイレリフォーム場合


格安でトイレリフォームする場合、壁や床等も一緒にリフォームする場合はリフォーム業者に依頼し、トイレ本体だけ交換であれば、設備屋に依頼すると、案外格安にリフォームできる場合があります。 トイレリフォームの際は、是非、リフォーム業者と設備屋に見積もりをしてもらう事をお勧めします。

格安でトイレリフォームするポイント

インターネット、チラシなどで、トイレリフォーム¥39800とある場合。
どこまでが、その格安価格なのかを、事前に聞く。
よくある事ですが、トイレ本体代、設置でこちらの値段です。リフォーム工事では、トイレの大きさ、形によっては、床や壁の修復までは費用に含まれていません。

格安トイレをインターネットやホームセンターで購入
トイレ本体交換では、基本的にリフォーム用のトイレを使います。
現在あるトイレで交換可能か、しっかり確認して下さい。
トイレで水漏れ等起こすと、逆に大掛かりな工事が必要になります。
取り付け工事はリフォーム会社または設備屋に依頼してください。

今まで見た中では、トイレ本体価格、インターネットでタンク付水栓トイレで約¥20000、タンクレスで約¥55000これを基準に探すのも手です。

スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample