スポンサードリンク


屋根材の価格について


屋根材には様々な種類があり、建物の外観デザインにとても重要な場所でもあります。

また、直射日光や雨風が一番受けやすいところでもあります。
価格を抑えて、リフォームを行うか、費用がかかってもしっかりしたものを取り付けるかは、屋根それぞれの特徴を掴みリフォームを行いたいものです。

       

チタン屋根の特徴


かつて日本で主流となっていた瓦屋根。日本家屋には欠かせない存在でした。しかし近年では瓦の風合いを残したチタン屋根が普及し、 大型の建物から一般住宅に広く使われることになりました。お寺や寺院等、和風の家では、需要が多く、洋風の建物では、あまり使われることはありません。

チタン屋根は半永久的に腐食がないく、金属イオンの溶出が少ない為、環境にも優しい屋根材です。

しかし、一般住宅では、まだまだ価格が高く、なかなか手が出しにくい屋根材でもあります。

チタン屋根平均価格…約120万/50uあたり
(足場や下地等も含みます。リフォーム情報.com調べです。瓦屋根から葺き替えする場合の価格です。メーカー、施工会社によって価格が変わります。)
 
                                                                      

   

折板金属屋根の特徴


折板金属製の屋根は、一般住宅で使われることはほとんどありませんが、物置などでは使われることがあります。また、価格が安く、耐久性にも優れ、工事期間も短い為、大型商業施設等で多く使われております。

断熱、雨などの音が直接当たる為、小さな店舗ではあまり使われておりませんでしたが、最近では、断熱材等も時代と共に進化している為、折板金属屋根の店舗も増えてきました。

何よりもローコストという点で人気が高いようです。

折板屋根屋根平均価格…約60万/50uあたり
(足場や下地等も含みます。リフォーム情報.com調べですので、メーカー、施工会社によって価格が変わります。)

              

ストレートコロニアル屋根の特徴


現在新築一般住宅で最も多く使われている屋根材です。
軽くて、丈夫で施工がしやすく、見た目もシンプルで、たいていの建物に合います。

既存屋根の上に防水シートを敷き、断熱材一体型屋根を施工。手軽な工事で断熱性能・意匠性の向上はもちろんのこと、アスベスト含有屋根材を安全でかつ低コストで封じ込めることが可能です。

カバー工法、葺き替え工事によって費用が大きく異なります。屋根のリフォーム例で具体的にご紹介しています。一般住宅の屋根の張り替え工事でお勧めの屋根材です。

チタン屋根平均価格…約80万/50uあたり
(足場や下地等も含みます。リフォーム情報.com調べです。コロニアルのリフォームの場合、ほとんどが、重ねて取り付ける工事が多いです。メーカー、施工会社によって価格が変わります。)

                               

テラス・ベランダ屋根について


テラス・ベランダの屋根材はほとんどが、ポリカーボネイトというプラスチックの様な屋根材です。通称【ポリカ】です。

ポリカの強度等で価格が大きく異なりますが、最近では、ほとんどのポリカは光は通るが、紫外線は通さない材質になっています。

カーポート等にも使われており、近年では、ただ単に雨よけの屋根ではなく、デザイン性にも優れた商品が数多く販売されています。
柱部分はアルミ等でできており、取り付け工事も大型のテラスでなければ1日で取り付け工事が終わります。

ベランダ屋根平均価格…約20万
(リフォーム情報.com調べですので、メーカー、施工会社によって価格が
変わります。)

スポンサードリンク

Designed by CSS.Design Sample